読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekonekoazaraku’s diary

大口病院の事件についてねちねち書きます。

犯人は2人以上いる?

と思うのです。

少なくとも西川さんの殺人と18日に自然死した方の殺人未遂は、警察が睨んでいる人ではないと思います。

以前、某掲示板に「職員間ではあの人しか考えられないという人物はいるが、どうやって点滴に異物を混入したのかが分からない」と言った、内部の人間から話を聞いたような書き込みがありました。

どうやって混入したのかは、今や日本中が知っています。
その怪しい人物がいつ入れたかが分からないのです。

何度も何度も何度も書いていますが、西川さんと自然死された方への犯行は、18日の夜勤では出来ないのです。

もし警察が睨んでいる人が休みの間に病院に来て犯行に及んだとしたら、その勤務帯の人も共犯でしょう。

あともう一つの可能性。

以前、使わなかった点滴は通常は薬局に戻すと書きました。

今回自然死された方のケースのように、問題の点滴が使われずに残ってしまった場合、一旦薬局に戻した後、また別の人が使う点滴として上がってくることが考えられます。

その場合、4Fに上がってくるとは限りません。
3Fの患者さんに使用される可能性もあります。
ただ3Fは療養病棟とのことなので、点滴をしている人は少なかったのではないかと思います。

西川さんに使用された点滴は、もっと以前に混入されたものが一度薬局に戻って、再び上がってきたものかもしれません。

あら、そう考えると全部に当てはまるじゃないの。
自然死された方の点滴も八巻さんの点滴も、17日に混入されたとは限らない。

押収された50袋の点滴のうち、約10袋に異物の混入があった。
1/5の確率。

・・・・・(。・・)


あれ?
ちょっとまた考えてみよう・・・・。



共犯もいなくていつ入れたのかも特定出来ないんじゃ、もうダメじゃないの。
迷宮入りよ、これ。

共謀罪その2

老眼をこすりながらいろいろ調べましたよ。

その結果、知りたいことは何1つ分かりませんでした。

大口病院の場合はすでに起きてしまったことだから、共謀とかのレベルではないです。

ただ、「警察のさじ加減で誰でも捜査対象になって、過去に遡っていくらでも情報収集が出来る」が本当なら、怪しい人に何かしら理由をつけて過去のメールやLINEのやり取りとかも調べ放題なのかしらと思いました。

で、調べたんですけど全然分かりませんでした。
過去のLINEやメールのやり取りを調べられるのかも分からないです。
なんか膨大なビッグデータがあるとかどうのこうの書いてあったけども。


違法な方法で得た証拠は証拠として採用されません。

もし共謀罪が成立したら違法な方法ではなくなり、
共謀罪の容疑(こじつけ)で調べていたら、たまたま大口病院の事件の真相が!!みたいなことにならないかなあ~と思ったのですが、そう簡単には行かないのでしょうか。

共謀罪が良いか悪いかは置いといて、どんな手を使っても犯人を捕まえて欲しいと思っているのですが、神奈川県警は何しているのかしら?(怒)

共謀罪

ヂアミトールが混入されたのは17日の可能性がとても高い。

日勤か夜勤かは置いといて。

• 警察が押収した点滴に、殺されたお二人以外の名前が書かれた点滴があった。(使用される予定の物が残っていた)

• お二人以外で点滴をしていて連休中に亡くなった患者さんは1人。(18日、時間は分からず)

使う予定の点滴が残るケースは二つ。
脱水や食欲不振などで点滴が必要だったが、症状が改善して必要がなくなった場合。
もう一つはその患者さんが亡くなった場合。

一つ目の可能性もないわけではないが、終末期病棟ということを考えれば劇的に改善する患者さんはあまりいないように思う。

ないとは言い切れないが、二つ目の可能性が高いと思う。

18日に自然死した方の点滴に混入されていたと仮定してみる。

一日2本、10時22時に点滴を交換する場合、
17日一本目は10~22時、二本目は22時から翌18日の10時まで。
体内からはヂアミトールが検出されていないのだから、18日の10時以降に亡くなったことになる。(18日10時~の点滴には混入されていない)

テレビでは生理食塩水ばかり映っていたが、もし高カロリー輸液1000ml一本/日だとしても同じ、17日10時から18日10時まで。

あ、そう考えると18日の日勤も可能性がありました。
早めに出勤して患者さんの様態を確認する前に点滴に混入した可能性もあります。

何時に亡くなったのかは分からないが、患者さんが亡くなった後に残った点滴に混入することはあり得ないから、その時間によっては18日の夜勤の人は犯人である可能性が完全に無くなる。

西川さんが亡くなった時に、他の患者さんが亡くなって医師がその場にいたというのを何かで見た気がするのだけど、その方なのだろうか。
昔のニュースを調べる気力がないが、もしそうだとするなら18日日勤帯の午後に亡くなっていて、18日の2本目(22時~)以降の点滴に混入があったことになる。
→18日夜勤の人は犯人ではない。



話しはごろっと変わって共謀罪
もし共犯がいる場合、過去に遡って調べることはさすがに無理だよね。

もし共犯がいるなら、もし遡って調べることが可能なら…… 

共謀罪がどんなものなのか良く知らないんだけど、暇な時に調べてみよう……



調べたら警察のさじ加減で誰でも捜査対象になって、過去に遡っていくらでも情報収集が出来るんだって。
こりゃいいや。

交友関係

対立関係はいろいろ記事になっていたけど、仲間関係はどうなんだろう。

西川さんの点滴の状態によっては、警察が怪しんでいる人には犯行は不可能。

もちろん警察も調べているだろうけど。

今警察は何しているの?

再犯待ち?

犯人はやっぱり捕まえられないのかな。

再犯前につかまえて欲しいものです。

今頃犯人は……?

何をしているんでしょうね?

多分何か仕事をしているでしょうけど、看護師の仕事でしょうか?

もしかしたらほとぼりが冷めるまで全く違う仕事をしているかもしれませんが、いつか必ず医療現場に戻ってくると思います。

看護師以外のバイトもしたことがありますが、経験上、正直やってられんのです。

入職早々逃げ出す人以外、特にあれだけの犯罪を犯すのはそこそこ経験年数がある人だと思いますが、今さら全く別の仕事を満足して出来るとは思えません。

すでに違う病院でしれっと働いているかもしれませんが、もし今別の仕事をしていても必ず戻ってきます。


その時にまた何かしら犯罪を犯すのかどうかは分かりません。
どうなんでしょうね?

サスペンスドラマ

ドラマだと、警察でもない主人公が「犯人はあなただ!○○さん!」

って言うと、犯人が泣きながら聞いてないことまでベラベラしゃべってくれて、


「続きは署で聞こう。」ってなるんだけど、実際はそうはいかないよねー。(´д`)



和歌山カレー事件→否認

仙台筋弛緩剤事件→否認

川崎老人ホーム事件→黙秘



大口病院の事件でも、もし逮捕されても絶対否認するでしょうしね。

最近の警察はDNAや防犯カメラの映像がなければ逮捕出来ないのね。

それらが無かった時代はどうしてたのか。

まあ、冤罪も多かったわけだけども。

捜査本部設置から半年 大口病院常勤わずか3人に

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/affairs/amp/170324/afr1703240028-a.html


神奈川県警、情報提供を呼びかけてますが、これって完全に行き詰まってるパターンじゃないか。泣

誰に情報提供を呼びかけてるの?
共犯者?

知りたいことは何一つない記事。

ちなみに知りたいこと。
・西川さんの点滴には消毒液が混入していたのか。
・18日に自然死した方の点滴には混入していたのか。
・していたとしたら自然死した方は何時に亡くなったのか。(何日の分の点滴に入っていたのか。)

これらが分かれば、決定的な証拠にはならないけれど、「いつ」消毒液が混入されたのかが分かる。

でも二度と情報を漏らすことはないだろうな。

「ヂアミトール」が決定打にならなかったからには、混入方法に違いがあるなら混入方法と、倉庫にあった中身の抜かれたボトルの保管方法ぐらいしか犯人しか知り得ない秘密にならないんじゃないだろうか。

ああ、もうダメな感じしかしない。
共犯者がいて、その人が口を割ってくれるのを祈るばかりです。