nekonekoazaraku’s diary

大口病院の事件についてねちねち書きます。

病院や高齢者施設で向精神薬や睡眠導入剤の盗難・紛失が続く 看護師の不正使用も発覚

http://fujikko92.exblog.jp/19394471/


なんで点滴の器物損壊で捜査するのか分からない。

この手の事件は多いです。

多分表沙汰になっていないものも含めれば、数え切れない件数があると思います。

産業医科大学病院では、点滴に穴が開けられていたけど薬液混入等の実害はありませんでした。
これは目くらましだと思います。

実害は鎮静剤が無くなったこと。
こちらに焦点を当てるべきです。

たまたま防犯カメラのメンテナンス中だったからでしょうが、もし来月も何らかのトラブルがあればPMSが関係しているかもしれません。

そうだとしたら婦人科に受診歴があり、そこでも鎮静剤の投与を受けている可能性があります。

個人情報なので病院側の協力は得られないかもしれませんが、器物損壊で捜査するよりマシだと思います。

点滴の方に注目するのは犯人の思う壺。
それでも犯人が捕まるなら文句はないのですが、なんで鎮静剤が無くなったことはノーマークなのか不思議でしょうが無いです。