読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekonekoazaraku’s diary

大口病院の事件についてねちねち書きます。

仙台筋弛緩剤事件

http://blog.livedoor.jp/red_chun/archives/50286414.html

冤罪の可能性についてとても詳しく書かれていて説得力があり、鑑定の不手際もあるため冤罪が否定出来ません。

少しだけ違和感があったのは、クビになった人間はその当日に薬品保管庫に確認には入りません。
その日がたまたま薬品の在庫状況を確認する日で、その当番になっていたなら別ですが。

はっきり言うと、今日で辞めるのに在庫管理なんて知ったこっちゃないです。

もともと在庫管理の係になっていたのなら、最後に自分の仕事を全うしてから、と言うのは分かりますが、そうでないなら私的には違和感しかありません。

帰りに医療廃棄物も捨てません。
業者が引き取りに来ないなら、箱が一杯になった時に誰かが、助手さんがいれば助手さんが捨てに行きますが、クビになった人間が進んで捨てに行くことはないと思います。

本当に進んで捨てに行ったなら、考えられないくらいのお人好しです。
誰かがやればいいだけの雑用ですよ?

私にはロッカーに空アンプルを隠していて、辞める時にまとめて捨てようとしたように思えます。

同棲相手がいたから家には持ち帰れなかったのではないかと。

ただ、冤罪の可能性は否定出来ないし、その可能性があるのならきちんと再審するべきだと思います。

イヤな事件ですね。
これほどの重大事件なのに冤罪の可能性があるなんて。

余談ですが、聞いた話では一人くらいなら筋弛緩剤で殺されても気がつかないだろうと言うことです。

続けて亡くなる方がいれば、さすがにおかしいとは思うかもしれないとのこと。

盗まれた筋弛緩剤が悪用されないことを祈ります。