読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekonekoazaraku’s diary

大口病院の事件についてねちねち書きます。

17日の夜勤

の人、ごめんなさい。
かなり疑ってます。

言うまでもないのですが、私の言っていることは記事などを元にしたただの想像です。
考えながらブログを書いていると、断定口調になっていることがありますが、気にしないで下さい。

また仮定の話をします。

・犯行は夜勤帯に行われた。(と、警察は今のところ考えている。)
・夜勤(16時間)の休憩は2時間。(確定)
 1~3時、3~5時の交代で休む。(想像)
・大口病院の点滴交換は10時、22時の2回(多分)
・自然死した方の点滴に消毒液が混入されていた。(想像)*前回のブログ参照

↑を前提にまた妄想します。
前提が既に想像なんですが、すみません。

犯行は17日の夜勤で行われた可能性が高いと思います。
西川さんのケースは18日、10時から使用した点滴に消毒液が入っていたのではないかと考えていますが、日勤では難しいです。

あと可能性は低いかもしれませんが、16日の夜勤明け。
調べものをするとか記録を整理するとか、理由をつけて残る。

17日の点滴が上がって来て、日勤者が皆処置やら点滴交換に出払ったところで混入出来なくもない。

でも、やはり17日の夜勤だと思います。
私的には16日夜勤<18日日勤<17日日勤<17日夜勤の順で可能性が高いと思っています。
夜勤の2人が共犯でない限り、1~3時、3~5時の休憩時間のどちらかに、1人になった時混入したのだと思います。

18日の自然死した方の点滴にも、17日の夜勤で混入したのではないかと考えます。

事件発覚当初、警察は八巻さんの他に少なくともあと1人、中毒死の可能性があると発表していました。

点滴に消毒液が混入されたことが分かっていて、連休中に亡くなった4人の内の3人は点滴をしていました。

それでも「少なくともあと1人」と発表したのは、自然死した方は当たり前なのですが自然な経過で亡くなったのだと思われます。

だとすれば亡くなる兆候はいつ頃どのように出始めたのでしょうか。

18日に自然死した方の死亡時間は発表がなかったと思うのですが、ありましたっけ?(汗)

とにかく、17日の夜勤、明けて18日の休憩時間1~5時の時点では、犯人はその日の内に亡くなると思っていなかったのだと思います。

18日の午前中、早い時間に亡くなったのなら、夜勤の間に何か兆候があったはずです。
でも多分その時点では無かった。

そのことから自然死の方は、18日の午後から夜までの間に亡くなったのではないかと考えます。

もしも亡くなる兆候が出始めたのが明け方以降なら混入時間はその前の1~3時、1時の時点で既に出始めていたのなら犯人は予想を上回るサイコパスです。
でも多分夜勤帯では兆候がなかったのだと思います。

10時前に亡くなったのでない限り、中毒死ではないので、10時からの点滴には入っていませんでした。

入っていたとすれば、
①18日22時からの点滴
②19日10時からの点滴
③19日22時からの点滴  のうち、
亡くなったのが18日の22時前なら①②③のいずれか、
22時~0時の間なら②③のどちらかです。

この内、①②なら言葉が悪いのですが、動機は患者さんを減らしたい(楽をしたい)で、③なら八巻さんのケースと重なることから、夜勤担当ナースへの嫌がらせも加わると思います。

確か、2時間の間に4人?が亡くなったこともあったそうですが、その時の担当ナースは誰だったのでしょうか。

その人に恨みを持つ人は?

今日も妄想を吐き出してしまいました。
17日の夜勤ナースさん、疑ってすみません。

もしかしたら、犯人は私の想像も及ばないやり方をしているかもしれません。

西川さんの点滴はストックを使用したと言う書き込みを見ましたが、それが確かなら17日の夜勤者とは限らなくなります。

ただ、自然死の方の点滴に混入していたのだとすれば、やはり17日の夜勤なんだと思います。

今日もぐるぐるしています………。