nekonekoazaraku’s diary

大口病院の事件についてねちねち書きます。

またか。

〝10分前には異常なし〟大阪の病院で使用予定の点滴袋に穴、年末年始に相次ぎ発見 器物損壊疑いで捜査 府警

http://www.sankei.com/smp/west/news/170104/wst1701040069-s1.html

また起きましたね。

これは、引っ掻いて出来たような傷とか、何かで突いたような穴とかなので、外部(入院患者、見舞い客)の犯行も否定出来ないと思います。

12月28日は平日。
病院によって違うかも知れませんが、平日はお見舞いは午後から、休日は午前からOKなので見舞い客も含まれると思います。

産婦人科というのはおめでたいことと不幸がごちゃ混ぜになっている病棟です。

辛いことがあった患者さんや関係者の可能性もあります。

ブドウ糖の点滴ということなので、つわりの患者さん用かな?
妊娠初期の方ですね。

ちなみにつわり症状のあった患者さんが、急に症状が軽減すると流産(稽留流産)していることが多々あります。

犯人が辛い思いをした患者さんでないことを祈ります。

もちろんストレスフルな看護師の仕業かもしれません。

これは単なる、と言ってよいのか、嫌がらせの部類だと思います。

大口病院の事件がなければ、警察沙汰にはならなかったかもしれません。

とりあえず大口病院の犯人を捕まえよう!
頑張れ、神奈川県警!