nekonekoazaraku’s diary

大口病院の事件についてねちねち書きます。

犯人はど変態

だと思うのですよ。

だって犯行が発覚した時点であと10人は殺すつもりだったんでしょ。
ばれなければ延々と。

医者のこともバカにしていたでしょうね。
どうせあなたには分からないでしょって。

もし薬局から上がってきたばかりの点滴にも混入があったとしたら、もう明確に誰かを狙っていたのではなくて、まさに誰に当たるか分からないロシアンルーレットだったわけで。

でも封に空いた穴で、他の人は気が付かなくても自分だけはどの点滴がそれなのか知っている。

他の看護師が知らずにその点滴を繋げるのを、面白がって見ていたかもしれない。

最初は自分が楽をするため(患者数を減らす、自分の勤務時間帯での患者死亡を避ける)だと思っていたけど、ロシアンルーレットなら自分に当たる可能性もある。
それでも良かったのよね。

患者名がないストックからも界面活性剤が検出されている。
いつ使われるか分からない点滴には、倉庫の未開封のヂアミトールが使用された可能性がある。

開封されたヂアミトール(滅菌状態ではない)を使用することで、点滴内の雑菌がどうなるかは分からない。
なにせ消毒薬だから。

もし雑菌が繁殖してしまった点滴をしたら、何か症状が出て詳しく検査されるかも知れない。
それとも症状が出る前に(点滴開始から6時間後)亡くなってしまうのか。

今度ヒマな時に調べてみよう~。
神奈川県警も頑張ってよ~。(´д`)



追記
汚染された点滴やルートを介して、急速で重篤な感染症状を呈することがある。
だって。

問題は消毒薬を点滴に入れた時の雑菌の繁殖状態だけど、そのことも考えて消毒薬を選んだのなら駄目だこいつ、頭いいかも。

ま、負けるな神奈川県警!